コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イルラ族 イルラぞくIrula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルラ族
イルラぞく
Irula

インド南部のニルギリ丘陵に住む狩猟採集民。言語はドラビダ語族タミル語の方言を用いる。スリランカベッダ族と類似の形質的特徴をもち,身長は低く広鼻で,黒色の皮膚をして巻毛である。森林内の一定領域で家族を単位に移動し,一時的な住居に住む。食糧は根菜と野生動物に求め,蜂蜜,蜜ろう,その他の林産物を市場で生活必需品と交換する。家族より上位の社会組織はほとんど発達しておらず,結婚式などは非常に簡単である。狩猟,森,病気などの神をまつり,予言を信じる。近年しだいに定着し,農耕に従事するようになってきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android