イル・ハン朝美術(読み)イル・ハンちょうびじゅつ(英語表記)Il-khanid art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イル・ハン朝美術
イル・ハンちょうびじゅつ
Il-khanid art

イル・ハン国の治下,イランを中心に発展したイスラム美術。建築活動が活発に行われ,建築装飾としてスタラクタイト彩釉タイルが多用された。代表的建築として,タブリーズの大モスク,スルターニエのスルタン・ウルジャーイトゥー廟などがあげられる。絵画は,中国の元の絵画の影響を受けたミニアチュールが発達し,イラン的主題の『シャー・ナーメ』や『ハムサ』などの写本挿絵が描かれた。陶器では前代ほどの発展はみられず,沈滞の傾向にあったが,ラジバルディナ手と呼ばれる技巧的で豪華な色絵技法が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android