コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワンのばか Skazka ob Ivane-Durake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワンのばか
Skazka ob Ivane-Durake

ロシアの作家 L.トルストイ民話。 1885年作。軍人セミョーン,商人タラース,農夫イワンの3人兄弟を,悪魔がそそのかして破滅させようとする。上2人の兄は物欲とエゴイズムに負けて悪魔に屈服するが,末の弟イワンだけは無欲で,善良で強い意志の持主のため,ついに悪魔のほうが降参してしまい,最後にイワンは正直,勤勉,隣人愛の王国を建設する。イワンのばかの形象はロシア国民性の一特質の芸術的表現であると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワンのばか
いわんのばか
Сказка об Иване‐дураке Skazka ob Ivane-durake

ロシアの作家L・N・トルストイのもっとも有名な創作民話。1885年作。正式には『イワンの馬鹿(ばか)とその2人の兄弟、軍人のセミョーンと太鼓腹のタラースと唖(おし)の妹マラーニヤと、老悪魔と三匹の小悪魔の話』。基本的なロシア民話ではイワンは働き者の2人の兄たちと違い「ものぐさ太郎」だが、最後に幸運を手中にする。このタイプは農奴制的労働の不生産性に対する民衆の健全な判断力の表れであろうが、この筋書きをトルストイは鋭く転回させ、イワンを勤勉な地主の三男に仕立て、長兄の収奪的なミリタリズム、次兄の独占資本主義的な商行為を批判する。それと同時に、貨幣の要らない無政府的原始共同体の幻想をも理想化した。[法橋和彦]
『中村白葉訳『イワンのばか他八編』(岩波文庫) ▽金子幸彦訳『イワンのばか』(岩波少年文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イワンのばかの関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)トルストイ(年譜)レフ トルストイ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イワンのばかの関連情報