インダレシオ プリエト(英語表記)Indalecio Prieto y Tuero

20世紀西洋人名事典の解説

インダレシオ プリエト
Indalecio Prieto y Tuero


1883 - 1962
スペインの政治家,ジャーナリスト
ボリバオ市で速記者をしていたが、「エル・リベラル」紙編集長社主となる。1931年に第2共和国の成立と共に入閣し、蔵相、公共事業相を歴任した。’34年にアストゥリアス革命に失敗し、フランスに亡命し、’36年に海・空相、国防相に就任した。’38年にネグリン首相と共に閣外に追放された後、メキシコ定住、共和国亡命政府に協力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android