インドイラン語派(読み)インドイランごは

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 インド‐ヨーロッパ語族の中で最も東部に分布する語派で、インド・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ・ネパール・モルディブなどで話されるインド‐アーリア諸語と、パキスタン・イラン・アフガニスタンおよび旧ソ連邦南部で話されるイラン諸語の二つのグループから成る。それぞれをインド語派、イラン語派と呼ぶこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android