コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドオオコウモリ インドオオコウモリ Pteropus giganteus; Indian flying fox

2件 の用語解説(インドオオコウモリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドオオコウモリ
インドオオコウモリ
Pteropus giganteus; Indian flying fox

翼手目オオコウモリ科。体長 20cm,前腕長 16~17cm。エラブオオコウモリに似て,眼が大きく,耳が長く突き出ている。毛は短くてあらい。体色は暗黒色で,頸から肩にかけて橙黄色の頸輪がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドオオコウモリ
いんどおおこうもり
Indian flying fox
[学]Pteropus giganteus

哺乳(ほにゅう)綱翼手目オオコウモリ科の動物。ミャンマー(ビルマ)、インド、スリランカ、モルジブ諸島に分布。頭胴長21~24センチメートル、前腕長15~18センチメートル、翼開長1.3メートル。顔がイヌに似て、吻(ふん)が長く、耳は先がとがる。体毛は短く、体の上面は黒褐色で、頸(くび)と肩は鮮やかな橙黄(とうこう)色。森林や人家付近の林に20~100頭、ときに数百頭の群れをなしてすみ日中は大木の枝にぶら下がって過ごす。ときには日中も活動するが、普通は日没後飛び出し、マンゴー、イチジクなどの果実や花を食べる。しばしばペットとして飼育される。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インドオオコウモリの関連キーワードエラブオオコウモリ翼手類大蝙蝠小笠原大蝙蝠クチバテングコウモリアラコウモリオオコウモリ(大蝙蝠)コウモリ(蝙蝠)シタナガオオコウモリ(舌長大蝙蝠)ツメナシコウモリ(爪無蝙蝠)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone