コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インプレッション impression

翻訳|impression

デジタル大辞泉の解説

インプレッション(impression)

印象。感銘。「強いインプレッションを与える」「ファーストインプレッション
広告が掲載された印刷物などが人々の目に触れること。リーチ。
ウェブページに表示される広告の掲載回数または露出回数。一つの広告枠に何種類もの広告が順番または無作為に掲載される場合、ページビューの数とは異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

インプレッション【impression】

ページビュー。⇒ページビュー

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

インプレッション【impression】

印象。 「ファースト--」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

インプレッションの関連キーワードルーセル(Raymond Roussel)バーリン(Isaiah Berlin)ルメートル(フランスの批評家、作家)フォー・ユア・プレシャス・ラブアルバート(Jr.) ハモンドシンクロナイズド・スイミングファーストインプレッションジュリアン カサブランカスインプレッション保証型広告マリア・ジョアン ピリスピープル・ゲット・レディファブリジオ モレッティTwitter TV指標ページ・インプレッションページビュー保証型広告ジェフリー アーチャーニコライ フレイチュアカイザー マーシャルリーフェンシュタールマイアー=グレフェ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インプレッションの関連情報