イヴァノヴォの岩窟教会群(読み)イヴァノヴォのがんくつきょうかいぐん

世界遺産詳解の解説

イヴァノヴォのがんくつきょうかいぐん【イヴァノヴォの岩窟教会群】

1979年に登録されたブルガリアの世界遺産(文化遺産)で、同国第5の都市、ルセの南方に位置する。13世紀に、後のブルガリア正教会総主教ヨアキムが、ルセンスキー・ロム川沿いにそびえる高さ32mの岩をくりぬいて教会を建てた。この岩窟教会はブルガリアを代表する聖地となったが、14世紀のオスマン帝国の侵攻で漸次衰退した。「ユダの裏切り」などを描いた13~14世紀にかけてのフレスコ画が教会群の5つの教会に保存されている。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はRock-Hewn Churches of Ivanovo

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android