コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イ・キヨン(李箕永) イ・キヨン Yi Kiyǒng

1件 の用語解説(イ・キヨン(李箕永)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イ・キヨン(李箕永)
イ・キヨン
Yi Kiyǒng

[生]李太王33(1896).5.6. 忠清南道,牙山
[没]1984.8.9. 平壌
北朝鮮の作家。号,民村。貧農の生れで,苦学して4年制の私立学校を出て,以後朝鮮各地を転々として労働,1922年に渡日して正則英語学校に学んだが関東大震災の直後に帰国。 24年,短編『兄のかくし文』が文芸誌『開闢』の懸賞に3等で入選し,『貧しき人々』 (1924) で新傾向派と呼ばれた初期プロレタリア文学の新人作家として認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イ・キヨン(李箕永)の関連キーワード樽野武雄好太王増補文献備考李太王好太王碑李太白李太白集太王四神記 チュシンの星のもとに 韓国ドラマ「太王四神記」より太王四神記 Ver.II 新たなる王の旅立ち 韓国ドラマ「太王四神記」より永楽太王

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone