コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーゼル easel

翻訳|easel

デジタル大辞泉の解説

イーゼル(easel)

絵を描くときにカンバスを載せる台。画架。また、携帯用三脚。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イーゼル【easel】

カンバスや画板を立てかける台。画架。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イーゼル
いーぜる
easel

画架(がか)ともいう。絵を描くとき、カンバスや板などを描きやすい状態に固定しておくために用いる自立式の構造体。制作する場所や、絵の大きさなどに応じてさまざまな形のものがある。
 構造的には、絵の受け台を水平に支える2本の脚と、後ろに引いて傾斜角度を調節する1本の脚からなる3脚が基本となっている。アトリエ用イーゼル(スタジオ・イーゼル)には、高さや傾斜角度をハンドルで操作する複雑な構造のものもある。携帯に便利な折畳み式の野外用イーゼル(スケッチ・イーゼル)や、脚の短い机上イーゼル(テーブル・イーゼル)などもある。[長谷川三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イーゼルの関連キーワードモーズリー(Henry Maudslay)日産ディーゼル GE13がか座(画架座)ズデーテン山地アメリカ美術ナイセ[川]プフェンダーYOZANウイーゼル長谷川三郎ピュッターホーファー構成主義タブローブリルダミアがか座画板額縁板絵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イーゼルの関連情報