画板(読み)ガバン

デジタル大辞泉の解説

が‐ばん〔グワ‐〕【画板】

水彩画・木炭画などをかくときに、用紙をのせる板。また、製図に用いるものもいう。
油絵をかきつける板絵(いたえ)用の木板。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

が‐ばん グヮ‥【画板】

〘名〙
① 油絵で、画布の代わりに絵の具を塗る板。
※郊外(1900)〈国木田独歩〉二「新聞紙で包である、画板(ガハン)を取り出して、時田に渡した」
② 水彩画、木炭画、製図などを描くとき、画用紙をのせる台にする板や板紙。
※小春(1900)〈国木田独歩〉四「さうだ今だと直ぐ画板(グヮハン)を引掛けて飛び出ました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報