イーメルス(英語表記)Ihmels, Ludwig Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーメルス
Ihmels, Ludwig Heinrich

[生]1858.6.29. ミッデルス
[没]1933.6.7.
ドイツのルター派神学者。エルランゲン大学 (1894) ,ライプチヒ大学 (1902) にて組織神学の教授。その後ザクセンの監督 (22) 。エルランゲン学派最後の著名な人物。ルター派の合同を促進する運動において指導的役割を果し,アイゼナハにおける最初のルター派世界大会の議長をつとめた (23) 。その説教や著述の特色は,ルター派のエキュメニカルな性格 (→エキュメニズム ) の強調にあるとされる。著書は"Die christliche Wahrheitsgewissheit" (1901) ,"Wer war Jesus? Was wollte Jesus?" (05) ,"Die Auferstehung Christi" (06) ,"Zentralfragen der Dogmatik der Gegenwart" (11) ,"Das Dogma in der Predigt Luthers" (12) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android