コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウァレニウス Varenius, Bernhardus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウァレニウス
Varenius, Bernhardus

[生]1622. ハノーバー
[没]1650. ライデン
オランダの地理学者。ケーニヒスベルクとライデンで医学を学んだが,やがて地理学に興味をもち,アムステルダムに定住。ここで日本の歴史,地理に関する"Descriptio Regni Japoniae" (1649) を書いた。この本はのちに数度にわたり,ケンブリッジで版を重ねた。さらに彼の主著『一般地理学』 Geographia Generalis (50) はイタリア語,オランダ語,フランス語,英語,スペイン語などに翻訳され広く愛読された。地域地理学と一般地理学 (系統地理学) の先駆者でもあり,この分野に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウァレニウスの関連キーワードキリシタン関係主要人名ホイヘンスお蔭参りウェールズ文学柳生十兵衛三厳高温ガス炉産業革命ドイツ語マーベル幡随院長兵衛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android