コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウァレンチニアヌス2世 ウァレンチニアヌスにせいValentinianus II; Flavius Valentinianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウァレンチニアヌス2世
ウァレンチニアヌスにせい
Valentinianus II; Flavius Valentinianus

[生]371. トレベリ?
[没]392.5.15. ウィンドボナ
ローマ皇帝 (在位 375~392) 。ウァレンチニアヌス1世の子。4歳で即位し,兄グラチアヌスと共治。イタリア,イリュリクム,アフリカを統治。マクシムスの反乱 (383~388) でサロニカテオドシウス1世のもとに逃れ,388年テオドシウスがマクシムスを倒したあと帝位を回復したが,宰相アルボガストの刺客に暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウァレンチニアヌス2世の関連キーワードサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂[ローマ]シンマクス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android