ウァレンチニアヌス2世(読み)ウァレンチニアヌスにせい(英語表記)Valentinianus II; Flavius Valentinianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウァレンチニアヌス2世
ウァレンチニアヌスにせい
Valentinianus II; Flavius Valentinianus

[生]371. トレベリ?
[没]392.5.15. ウィンドボナ
ローマ皇帝 (在位 375~392) 。ウァレンチニアヌス1世の子。4歳で即位し,兄グラチアヌスと共治。イタリア,イリュリクム,アフリカを統治。マクシムスの反乱 (383~388) でサロニカテオドシウス1世のもとに逃れ,388年テオドシウスがマクシムスを倒したあと帝位を回復したが,宰相アルボガストの刺客に暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android