コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同抵当 きょうどうていとう Gesamthypothek

5件 の用語解説(共同抵当の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同抵当
きょうどうていとう
Gesamthypothek

同一の債権の担保として数個の不動産の上に設定される抵当権 (民法 392,393) 。総括抵当ともいわれている。普通,土地とその上の建物とが共同抵当とされ,不動産登記法は,共同担保の設定手続について規定を設けている (122条以下) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうどう‐ていとう〔‐テイタウ〕【共同抵当】

同一の債権の担保として数個の不動産の上に抵当権を設定すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうていとう【共同抵当】

同一の債権の担保として数個の不動産の上に抵当権を設定すること(民法392条,不動産登記法122条以下)。建物とその敷地のように,経済的に一体と見られる不動産に同時に抵当権を設定する場合に使われるほか,数個の不動産を一括して担保の目的とすることにより担保価値を集積し,あるいは一部の不動産の価額下落等による危険を分散するために用いられる。この場合,共同抵当権者は自由に競売する不動産を選ぶことができるのが原則である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうどうていとう【共同抵当】

同一の債権の担保として、数個の不動産の上に設定されている抵当権。総括抵当。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共同抵当
きょうどうていとう

同一の債権の担保として、数個の不動産(土地と建物は別個に計算される)のうえに抵当権を設定すること。総括抵当ともいう。債権者は、どの不動産からでも債権の全額で優先弁済を受けることができるのが原則となっている。しかし、そのために、競売された不動産の二番抵当権者が不当に損をするおそれがある。そこで民法では、このような二番抵当権者は、一定の金額まで一番抵当権者のかわりに他の不動産について抵当権を行使できるものとしている(民法392条・393条)。[高橋康之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同抵当の関連キーワード滌除一般担保充当特別担保共同担保不動産担保証券共同担保目録担保価値担保権者根抵当権

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone