ウァレンチヌス派(読み)ウァレンチヌスは(英語表記)Valentinians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グノーシス派一派ウァレンチヌス (2世紀中頃) の教説を信奉する人々で通常アレクサンドリア派とローマ派に分れる。前者にはテオドトス,マルコスがおり,後者ではプトレマイオスヘラクレオンが代表的。前者がよりウァレンチヌスに忠実であると思われるが,学者により多様な展開をみ,全体として非キリスト教的方向に向ったといえる。プトレマイオスが最もすぐれ,『フローラへの手紙』は現存。ヘラクレオンは『ヨハネによる福音書』の最初の注釈"Hypomnēmata"を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android