コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウアカリ uakari

2件 の用語解説(ウアカリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウアカリ【uakari】

霊長目オマキザル科ウアカリ属Cacajaoに属する新世界ザルの総称。はげ頭と赤い顔で不気味な印象を与える小型のサルたちである。この属には,鮮紅色の顔と赤褐色の体毛をもつアカウアカリC.rubicundusと,顔は赤いが体毛が灰白色のシロウアカリ(ハゲウアカリともいう)C.calvus,顔も体毛も黒っぽいクロウアカリC.melanocephalusの3種が含まれる。いずれも頭胴長は約40cm,尾は約15cmと短い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウアカリ
うあかり
uakari

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オマキザル科ウアカリ属に含まれる動物の総称。尾が非常に短いという点でオマキザル科の他の属と区別される。体重は雄が約4キログラム、雌約3.5キログラム。頭のはげたハゲウアカリCacajao calvusと、そうでないクロウアカリC. melanocephalusの2種がある。前者には2亜種があり、体毛が白っぽく、顔と頭のはげた部分がピンクのシロウアカリC. c. calvusと、体毛が赤褐色で頭のはげ方がひどく、はげた頭と顔が真紅色のアカウアカリC. c. rubicundusに区別される。ウアカリ属の分布は、南アメリカのアマゾン流域に限られる。本格的な生態学的調査は皆無に近い。[西邨顕達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウアカリの関連キーワード赤毛猿尾長猿尾巻猿狐猿絹猿蜘蛛猿手長猿眼鏡猿栗鼠猿吠猿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone