ウィクセル効果(読み)ウィクセルこうか(英語表記)Wicksell effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィクセル効果
ウィクセルこうか
Wicksell effect

資本財価値額の変化が価格と数量の双方の変化によってもたらされる,という事実を基礎にし,単なる価格の変化に基づく資本財価値額の変化を「ウィクセルの価格効果」,数量の変化に基づくそれを「ウィクセルの実質効果」と呼ぶ。資本蓄積の一部は賃金の増加に吸収され,その残余のみが生産力の増加となって現れるにすぎない,というスウェーデンの経済学者クヌート・ウィクセルの指摘からこのような分類がなされるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android