コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィテロ Witelo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィテロ
Witelo

[生]1225頃.シュレジエン
[没]1275
ポーランドのスコラ哲学者。パドバで学ぶ。新プラトン的な光の形而上学を展開し,さらに光への関心はイブヌル・ハイサム (アルハゼン) の説に基づく光学論である主著"Opticae thesaurus"をも生んだ。このなかで彼は知覚作用は感覚的所与に精神の判断が加わって初めて成立するとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィテロ【Witelo】

1230ころか35ころ‐75ころ以後
中世の光学者。ウィテリオVitellioとも称される。生涯の詳細は不明。ドイツ系開拓民の父とポーランド人の母をもち,シュレジエンのブレスラウ(現在のブロツワフ)近郊に生まれたらしい。1250年代初期にパリで学び,60年代には教会法の学生としてパドバに学んだ。光学への関心はこのころめばえたらしい。ビテルボ教皇庁での知人のムールベーカのギヨームに献呈された主著《光学》全10巻は73年ころに完成されたと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウィテロの言及

【光学】より

…この議論は光学そのものの発展に寄与することが少なかったが,多くの哲学者や神学者を光学研究へと向かわせたのである。事実,R.ベーコン,ペッカム,ウィテロのような哲学者がこの学問に取り組んだ。彼らは,発光体や視覚対象の〈可視的形象〉が周囲の媒体中に次々と増殖されることによって伝播するというグロステストの説と,イブン・アルハイサムの説を融合させ,中世独自の光学理論を打ち立てたのである。…

※「ウィテロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィテロの関連キーワードイブン・アルハイサム自然哲学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android