ウィルヘルム クラーグ(英語表記)Vilhelm Krag

20世紀西洋人名事典「ウィルヘルム クラーグ」の解説

ウィルヘルム クラーグ
Vilhelm Krag


1871.(1877.説あり) - 1933
ノルウェーの作家。
クリスティアンサン出身。
トーマス・クラーグの弟で、20歳で詩集を発表し、文壇センセーションを巻き起こす。デビュー作「ファンダンゴ」はスペイン舞踊のエキゾチックな気分のなかに、時代への不安、ペシミズムを混在させ、写実主義とは別の方向性を示し、新浪漫主義の到来を感じさせた。多作家で作品は詩集「西ノルウェー歌謡う」のほかに随筆、小説などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android