コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルマン Willmann, Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルマン
Willmann, Michael

[生]1630. ケーニヒスベルク
[没]1706.8.26. シュレジエン,ロイブス
ドイツの画家。アムステルダムでバッケルに絵を学んだのち,プラハ,ブレスラウ,ベルリンで宮廷画家として活動。 1666年以後ロイブスに定住。作品は宗教画が多く,レンブラントファン・ダイクの影響を強く受けている。ドイツにおける反宗教改革の代表的な芸術家。主要作品はシュレジエンの聖ヨセフ聖堂内フレスコ画 (1692~95) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ウィルマン Willman, Olof Eriksson

1623?-1673? スウェーデンの商社員。
オランダ東インド会社員となりバタビア(現ジャカルタ)に赴任。慶安4年(1651)オランダ商館長のファン=デン=ブルークにしたがい来日。その江戸参府にも随行。翌年離日。日本の印象を「ヴィルマン日本滞在記」としてあらわしている。のち母国の海軍士官となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ウィルマンの関連キーワードハイデルベルク学派アムステルダムスウェーデン尾崎 義洋裁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android