ウィレムスタット

百科事典マイペディアの解説

ウィレムスタット

カリブ海,ベネズエラ沖合にあるオランダ領アンティル主都クラサオ島の南岸にあり,17世紀以来のオランダ風建造物が多く,歴史地区は1997年世界文化遺産に登録された。カリブ海有数の良港を有する。1918年シェル石油の精油所が操業を開始し,関連施設が増大している。12万5000人(2001)。
→関連項目クラサオ[島]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィレムスタット【Willemstad】

カリブ海南部のクラサオ島にあり,オランダの自治州の地位にあるオランダ領アンティルの主都。人口19万7000(1993)。外海と小さなを結ぶ水路のセント・アンナ湾で二分されている。湾にまたがる桟橋の東側は商業中心地で,その背後は湖に沿って17世紀オランダ風の邸宅が立ち並ぶ美しい住宅地,西側はやや低所得の階層街区である。1732年に建てられた,西半球最古のシナゴーグがある。近年は精油所とその関連施設も増大している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウィレムスタットの言及

【オランダ領アンティル】より

…人口20万5000(1995)。主都はクラサオ島のウィレムスタット。15世紀末にコロンブス,オヘダ,ベスプッチにより次々と発見された。…

※「ウィレムスタット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android