ウィレム3世[オランダ王](読み)ウィレムさんせい[オランダおう](英語表記)Willem III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィレム3世[オランダ王]
ウィレムさんせい[オランダおう]
Willem III

[生]1817.2.19. ブリュッセル
[没]1890.11.23. アーペルドールン
オランダ (ネーデルラント) 王 (在位 1849~90) 。ウィレム2世の長男。国王自身は保守的であったが,治世の前半は自由主義および自由党の全盛時代で,オランダの近代化,自由主義国家化が進み,後半は産業革命の進行により工業化,民主化が進んだ。ウィルヘルミナ女王の父。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android