コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーンバルク Ludolf Wienbarg

2件 の用語解説(ウィーンバルクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーンバルク【Ludolf Wienbarg】

1802‐72
ドイツジャーナリスト。筆名Ludolf Vineta。アルトナ生まれる。1833年,キール大学私講師として現代文学に関する集中講義をおこない,その時の講義録をもとに,青年ドイツ派に捧げる《美学征伐》を出版(1834)。〈武器としての散文〉を最も重要な文学ジャンルに位置づけたこの書は,彼らの〈文学革命〉運動の理論的支柱となる。たび重なる発禁処分と追放令により,彼は流転をよぎなくされ,ついに精神病に陥りシュレスウィヒで没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーンバルク
うぃーんばるく
Ludolf Wienbarg
(1802―1872)

ドイツのジャーナリスト。1833年キール大学でドイツ現代文学に関する集中講義を行い、そのときの講義録をもとに、「青年ドイツ派」(「若きドイツ」ともいう)に捧(ささ)げる『美学征伐』を出版(1834)。この書のなかで彼は「武器としての散文」をもっとも重要な文学ジャンルに位置づけ、彼らによる「文学革命」運動の中心的理論家となった。たび重なる発禁処分と追放令により、彼は放浪を余儀なくされ、ついに精神の薄明のうちにシュレスウィヒで没した。[林 睦實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーンバルクの関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストブラックジャーナリズムパックジャーナリズムフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone