流転(読み)るてん

精選版 日本国語大辞典「流転」の解説

る‐てん【流転】

〘名〙
① 仏語。六道四生の迷いの生死を繰り返すこと。生まれかわり死にかわって迷いの世界をまどいあるくこと。輪廻(りんね)。流来(るらい)
※菅家文草(900頃)七・顕揚大戒論序「夫菩薩戒者、流転不滅之教也」
※真如観(鎌倉初)「流転(ルテン)たゆる事なし」 〔八十華厳経‐一六〕
② 状態・境遇などが、たえず移り変わること。同じ状態にとどまらず変化していくこと。〔布令字弁(1868‐72)〕
※美的生活を論ず(1901)〈高山樗牛〉五「道徳哲学の歴史は是の流転の歴程を示して余りある」 〔白居易‐秋晩詩〕
③ 次々と受け継がれ伝わること。流れ伝わること。
随筆・絵事鄙言(1799)「今民間に流転するものは尽く贋作にて」

りゅう‐てん リウ‥【流転】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「流転」の解説

る‐てん【流転】

[名](スル)
移り変わってやむことがないこと。「万物流転する」
仏語。六道・四生の迷いの生死を繰り返すこと。生まれ変わり死に変わって迷いの世界をさすらうこと。「流転三界中」
[類語](1変遷変動変転推移変移転変移り変わり移る変わる変化変ずる化する改まる移ろう動く変える化ける転化する変質する一変する一転する様変わりする豹変ひょうへんする急変する激変する移行する/(2輪廻

りゅう‐てん〔リウ‐〕【流転】

るてん(流転)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「流転」の解説

【流転】るてん

転変。

字通「流」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android