コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーン学派 ウィーンガクハ

百科事典マイペディアの解説

ウィーン学派【ウィーンがくは】

オーストリア学派

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ウィーンがくは【ウィーン学派】

ウィーンの哲学者シュリックを中心に形成された科学哲学者の集団。論理分析・言語分析を方法として「形而上学の除去」をスローガンに掲げ、現代の論理実証主義ひいては分析哲学の基礎を定めた。ウィーン学団。
近代経済学の一学派、オーストリア学派の別名。狭義では、オーストリア学派の理論を発展させた第一次大戦後の H =マイヤー(1879~1955)・ L =ミーゼス(1881~1973)・ハイエクらをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーン学派
ウィーンがくは

オーストリア学派」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーン学派
うぃーんがくは

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウィーン学派の言及

【オーストリア学派】より

…経済学における限界革命において,L.ワルラス,W.ジェボンズとともにその三大巨星であったウィーン大学のC.メンガー,およびその流れをくむ経済学者たちの学派。ウィーン学派とも呼ぶ。限界革命の中心的概念は限界効用であるが,ワルラスにとってはそれが一般均衡理論の一つの道具にすぎなかったのに対して,オーストリア学派にとっては限界効用の意義ははるかに大きい(限界効用理論)。…

※「ウィーン学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィーン学派の関連キーワードドボルザーク(Max Dvořák)アモン(Alfred Amonn)ユーリウス・フォン シュロッサーアーノルド シェーンベルクヴィルヘルム シュミットハンス ゼードルマイヤーマックス ドボルザークアーロイス リーグルウィトゲンシュタインケンブリッジ分析学派アモン アルフレッドアルフレッド アモンファン・スイーテンゼードルマイヤードボルシャックO. メンギンロキタンスキードボルジャークD. フライ論理実証主義

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィーン学派の関連情報