コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイラ州 ウイラHuíla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウイラ〔州〕
ウイラ
Huíla

アンゴラ南部の州。全域がウイラ高原に位置し,中部のカシンガは同国最大の鉄鉱石の産地。州都はルバンゴ。面積7万 5002km2。人口 88万 7000 (1992推計) 。

ウイラ〔州〕
ウイラ
Huila

コロンビア南西部の州。州都ネイバマグダレナ川上流域を占め,北流する同川を挟んで西部はアンデスの中部山脈,東部は東部山脈からなる。西境には万年雪を戴くウイラ山 (5439m) がそびえる。スペイン植民地時代以来牧畜が主産業であったが,灌漑施設の整備に伴って,綿作を中心とした農業が発達。南部には巨石文化の遺跡サンアグスティンがある。ボゴタから南下する鉄道がネイバまで達するほか,マグダレナ川に沿って道路が通じる。面積 1万9890km2。人口 103万8061 (2007推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウイラ州の関連情報