コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイラ州 ウイラHuíla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウイラ〔州〕
ウイラ
Huíla

アンゴラ南部の州。全域がウイラ高原に位置し,中部のカシンガは同国最大の鉄鉱石の産地。州都はルバンゴ。面積7万 5002km2。人口 88万 7000 (1992推計) 。

ウイラ〔州〕
ウイラ
Huila

コロンビア南西部の州。州都ネイバマグダレナ川上流域を占め,北流する同川を挟んで西部はアンデスの中部山脈,東部は東部山脈からなる。西境には万年雪を戴くウイラ山 (5439m) がそびえる。スペイン植民地時代以来牧畜が主産業であったが,灌漑施設の整備に伴って,綿作を中心とした農業が発達。南部には巨石文化の遺跡サンアグスティンがある。ボゴタから南下する鉄道がネイバまで達するほか,マグダレナ川に沿って道路が通じる。面積 1万9890km2。人口 103万8061 (2007推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウイラ州の関連キーワードベネスティアーノ カランサイダルゴ・イ・コスティリャサンアグスティン歴史公園モンテレー(メキシコ)フランシスコ マデロピエドラスネグラスヘクター ルイズゴメスパラシオヌエボレオン州ドゥランゴ州ヌエバロシタモンクロバサルティヨモンテレイマピミ盆地モンテレーラグナ地区メキシコカランサトレオン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android