ウイリアム・マーティン コンウェイ(英語表記)William Martin Conway

20世紀西洋人名事典の解説


1856 - 1937
英国の登山家,探検家,芸術批評家,政治家。
元・英国山岳会会長,元・英国下院議員。
ロチェスター生まれ。
大学の美術史の教授を務め、芸術批評家として活躍する。その一方登山家としても知られる。1892年少人数でカラコルムに遠征、バルトロ氷河などを踏査し、カラコルムの開拓者として業績を残す。アルプスからスピッツベルゲンの初横断(1896〜1897)、アンデス(1898年)、フエゴ島まで足跡を印している。山岳文学のパイオニアでもあり、著書に「カラコルムの夜明け」などがある。政治家として1918〜31年まで下院議員を努める。バロン・コンウェー・オブ・アーリントンに叙せられる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android