ウェスタンガーツ山脈(読み)ウェスタンガーツさんみゃく(英語表記)Western Ghāts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェスタンガーツ山脈
ウェスタンガーツさんみゃく
Western Ghāts

インド南部,インド半島西岸沿いに延びる山脈。タプティ川南方,北緯 21°付近から,デカン高原の西縁を形成しつつ南下し,パールガート谷で区切られる。南へ向かってしだいに高度を増し,イースタンガーツ山脈と接するタミルナードゥ州西端のニルギリ丘陵のドダベッタ山では標高 2637mを示す。インド半島の分水嶺をなし,東側はデカン高原にゆるやかに傾斜するが,西側は狭い海岸平野へ急激に落ち込む。西斜面はモンスーン(→季節風)により年降水量 3000mm以上で,森林に覆われるが,東斜面は 1000mm以下で乾燥している(→インドの季節風)。チークビャクダンコクタンなどの木材や,コショウカルダモンなどの香料を産する。中部のマンガン,鉄,南部の雲母石綿など,地下資源も豊富。東流するゴダバリ川クリシュナ川,カウベリ川の本流・支流をはじめ,西流する小河川でも水力発電が行なわれる。特殊な気候条件と地形のもとで多様な植生がはぐくまれ,世界有数の生物多様性ホットスポット(特に多くの種が集中している地域)の一つとなっている。2012年世界遺産の自然遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android