コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェスタンガーツ山脈 ウェスタンガーツさんみゃくWestern Ghāts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェスタンガーツ山脈
ウェスタンガーツさんみゃく
Western Ghāts

インド南部,インド半島西岸沿いに延びる山脈。タプティ川南方,北緯 21°付近から,デカン高原の西縁を形成しつつ南下し,パールガート谷で区切られる。南へ向かってしだいに高度を増し,イースタンガーツ山脈と接するタミルナードゥ州西端のニルギリ丘陵のドダベッタ山では標高 2637mを示す。インド半島の分水嶺をなし,東側はデカン高原にゆるやかに傾斜するが,西側は狭い海岸平野へ急激に落ち込む。西斜面はモンスーン(→季節風)により年降水量 3000mm以上で,森林に覆われるが,東斜面は 1000mm以下で乾燥している(→インドの季節風)。チークビャクダンコクタンなどの木材や,コショウカルダモンなどの香料を産する。中部のマンガン,鉄,南部の雲母石綿など,地下資源も豊富。東流するゴダバリ川クリシュナ川,カウベリ川の本流・支流をはじめ,西流する小河川でも水力発電が行なわれる。特殊な気候条件と地形のもとで多様な植生がはぐくまれ,世界有数の生物多様性ホットスポット(特に多くの種が集中している地域)の一つとなっている。2012年世界遺産の自然遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウェスタンガーツ山脈の関連キーワードラージャパーライヤムサザンガーツ山脈ウタガマンダラムトゥンガバドラ川チクマガルールカルナータカ州コインバトールコンカン平野マラバル海岸マンガロールトリチュールパールガートカーベリ川メルカーラコラープルサーターラベルゴームケララ州石窟寺院ナーシク

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android