コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェスターマン ウェスターマンWestermann, Claus

2件 の用語解説(ウェスターマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェスターマン
ウェスターマン
Westermann, Claus

[生]1909.10.7. ベルリン
[没]2000.6.11
ドイツプロテスタント神学者。旧約聖書学者。テュービンゲンマールブルク,ベルリンの諸大学に学び,1938年ブルックハルトハウスの牧師となり,1940~45年兵役。 1946~52年ベルリンで牧師をし,1949年チューリヒで神学博士となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェスターマン
うぇすたーまん
William Linn Westermann
(1873―1954)

アメリカの古代史家、とくに古典古代奴隷制研究の大家。1929年のパピルス史料を駆使した最初の奴隷制研究書『プトレマイオス朝エジプトにおける奴隷制』Upon Slavery in Ptolemaic Egypt以来、奴隷制研究に深くかかわり、1935年ドイツの『古代学事典』に執筆した項目「奴隷制」Sklavereiの解説は、古典古代奴隷制諸制度の総合叙述として、現在までの唯一最大の実証的基本文献となっている。これは1955年に遺稿『古代ギリシア・ローマの奴隷制度』The Slave System of Greek and Roman Antiquityとして増補、公刊されている。彼の奴隷制研究の基本的立場は、奴隷制の役割をできるだけ低くみようとするところにあり、その点で批判の余地を残している。[古川堅治]
『W・L・ウェスターマン著、安藤弘訳『古代ギリシアにおける奴隷制と自由の諸要素』金澤良樹訳『アテナイオスとアテネの奴隷』(『西洋古代の奴隷制――学説と論争』所収・第2版・1974・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウェスターマンの関連キーワードスバルレオポルド2世父の日ピーター・ドラッカーゴッチェジェーンズネットー山路愛山超変成作用分化作用

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone