ウェルダン(読み)うぇるだん

  • well-done

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (well-done) ステーキの焼き方の一つ。十分に火が通るようによく焼くものをいう。比喩的にも用いる。
※大統領の密使(1971)〈小林信彦〉一八「彼女の肉体の焼け方は、ミディアムどころか、ウェルダンであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のウェルダンの言及

【ビーフステーキ】より

…あとは切身の肉質や厚さによって火の強さを調節して,好みの焼きかげんに仕上げる。焼きかげんは,ふつうレアrare,ミディアムmedium,ウェルダンwell‐doneの3段階とする。レアは,外側は焼けているが中はまだ生の状態,ミディアムは中程度に火が通り,中央に生の部分が残っている状態,ウェルダンはよく焼けて中まで火の通っている状態である。…

※「ウェルダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android