コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウエイトトレーニング weight training

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウエイトトレーニング
weight training

筋力を向上させるトレーニング方法。バーベルダンベルなどを用い,身体各部位の筋肉に負荷を与えたり,鉄棒の懸垂腕屈伸や腕立伏臥腕屈伸などのように,自分の体重を利用した運動を適量与えることによって,身体全体あるいは一部分の筋肉を強化するように計画的に実施する。 1930年代アメリカで開発され,YMCAを中心として普及しはじめ,日本にも 50年代に紹介され普及した。各地のトレーニングセンターや,リハビリテーションセンターで広く用いられており,スポーツマンの筋力増強のためシーズンオフの時期などに基礎体力養成トレーニングとして盛んに行われている。動きの伴わない方法 (アイソメトリックトレーニング ) と,上述のように動きを伴う方法に分けられるが,最近では前者と区別して特に後者をウエイトトレーニングと称している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウエイトトレーニングの関連キーワードアイソキネティックトレーニングサーキットトレーニング心臓病の人と運動千代の富士貢野澤SHOWボディビル伊藤真知子西尾浩行杉原貴幸友常勇気宇山けん相川葵虎本剛瀬名純小次郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウエイトトレーニングの関連情報