コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーリック城(読み)ウォーリックジョウ

デジタル大辞泉の解説

ウォーリック‐じょう〔‐ジヤウ〕【ウォーリック城】

Warwick Castle》英国イングランド中部、ウォーリックシャー州のウォーリックにある城。10世紀初め、アルフレッド大王の娘エセルフリーダが、デンマークの侵攻に備えてエイボン川のほとりに築いた要塞に起源する。以降、増改築が繰り返され、城壁や城門、塔を備えた現在見られる城になった。城内の広間には中世の武具やビクトリア朝時代の晩餐会(ばんさんかい)の様子を紹介する展示がある。ウォリック城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウォーリックじょう【ウォーリック城】

イギリスのイングランド中部のストラトフォードアポンエイヴォン(Stratford-upon-Avon)からコベントリー方面へ約14kmのところにある古城。エイヴォン川沿いの険しい崖の上に建つ。その原型は、10世紀に造られた砦・土塁で、11世紀にウィリアム征服王により木造の城塞が築かれ、14~15世紀には2つの石造の塔を持つ現存する城郭がほぼ完成した。イングランドで最も気品の高い中世の城といわれる。ウォーリック伯爵が所有する城だったが、1978年にマダム・タッソー蝋(ろう)人形館を運営するタッソーグループに売却され、アトラクション施設となった。城の内部は、大広間をはじめ、ほとんどが公開され、ルーベンスやバンダイクの絵画や甲冑(かっちゅう)や刀剣(とうけん)のコレクション、拷問室などが見学できる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android