コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウシャク ウシャクUşak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウシャク
Uşak

トルコ西部,イズミル東方約 200kmに位置する都市。同名県の県都。古代,この地方はヒッタイト帝国領域の一部であった。 15世紀以来,絨毯織が盛んで,特徴のある幾何学,花文様をもつウシャクの絨毯は,ルネサンス期の画家ハンス・ホルバインの絵に多く描かれているところから,「ホルバインの絨毯」として有名である。精糖,木綿布,なめし皮製造の工業が盛ん。気候は温暖で,テンサイ,穀類を産する。人口 10万 5270 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウシャクの関連キーワードシャクナゲ(石南花)コシャクシギ杓鴫・尺鷸トルコ絨毯シャクナゲトルコ文学シギ杓鴫

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウシャクの関連情報