ウシャク(英語表記)Uşak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウシャク
Uşak

トルコ西部,イズミル東方約 200kmに位置する都市。同名県の県都。古代,この地方はヒッタイト帝国領域の一部であった。 15世紀以来,絨毯織が盛んで,特徴のある幾何学,花文様をもつウシャクの絨毯は,ルネサンス期の画家ハンス・ホルバインの絵に多く描かれているところから,「ホルバインの絨毯」として有名である。精糖,木綿布,なめし皮製造の工業が盛ん。気候は温暖で,テンサイ,穀類を産する。人口 10万 5270 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android