コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスイロコノマチョウ うすいろこのまちょう

1件 の用語解説(ウスイロコノマチョウの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスイロコノマチョウ
うすいろこのまちょう / 薄色木間蝶
evening browncommon evening brown
[学]Melanitis leda

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。日本の南西部では夏から秋にかけてみられる事例が少なくないが、関東地方、東北地方、北海道と北上するにつれ、みられる頻度は減少する。推定される土着北限は四国、九州の南岸で、この線より北方で採集されるものは南方からの移動個体、あるいはそれによる一時的な発生であろう。国外ではアジアの熱帯地域、アフリカに広く分布し、ジャノメチョウの仲間ではもっとも分布範囲が広い種である。はねの開張60~70ミリメートル程度。はねの形に特徴があり、前ばねの先端に近い外縁に角状突出部と後ろばねに尾状突起がある。はねの表面は褐色で、前ばねの先端に近く白点を含む目玉模様がある。裏面の模様は発生する季節によって違い、夏型では波状模様、秋型では枯れ葉模様となる。成虫の状態で越冬するが、日本産のジャノメチョウ科で成虫越冬をするものは珍しく、本種とクロコノマチョウの2種があるのみである。幼虫の食草はジュズダマ、ダンチク、サトウキビ、メヒジワ、イネなどのイネ科の植物である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウスイロコノマチョウの言及

【コノマチョウ(木の間蝶)】より

…主として木陰に生活する。アフリカ大陸からアジア南部,ニューギニアにかけて12種が知られ,日本にはクロコノマチョウM.phedima(イラスト)とウスイロコノマチョウM.ledaの2種を産する。クロコノマチョウは開張7~8.5cm。…

※「ウスイロコノマチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone