コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスチイリムスク Ust'-Ilimsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスチイリムスク
Ust'-Ilimsk

ロシア中東部,東シベリア南部,イルクーツク州の都市。ブラーツクの北北東約 200km,アンガラ川にのぞむ新興工業都市。ブラーツク水力発電所に次いで,1963年アンガラ川にウスチイリムスク水力発電所 (出力 430万 kW) の建設が始り,これに伴って町がつくられ,73年市となった。コメコン加盟国と協同で建設されたパルプ・製紙コンプレックス (複合体) がある。またブラーツクとともに産業コンプレックスをつくり,発展しつつある。シベリア横断鉄道の支線タイシェト-ウスチクート線から分岐する鉄道が市まで延びている。人口 11万 2200 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android