ウスチイリムスク(英語表記)Ust'-Ilimsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスチイリムスク
Ust'-Ilimsk

ロシア中東部,東シベリア南部,イルクーツク州の都市。ブラーツクの北北東約 200km,アンガラ川にのぞむ新興工業都市。ブラーツク水力発電所に次いで,1963年アンガラ川にウスチイリムスク水力発電所 (出力 430万 kW) の建設が始り,これに伴って町がつくられ,73年市となった。コメコン加盟国と協同で建設されたパルプ・製紙コンプレックス (複合体) がある。またブラーツクとともに産業コンプレックスをつくり,発展しつつある。シベリア横断鉄道の支線タイシェト-ウスチクート線から分岐する鉄道が市まで延びている。人口 11万 2200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウスチ‐イリムスク(Ust'-Ilimsk/Усть-Илимск)

ロシア連邦中部、イルクーツク州の都市。アンガラ川とイリム川の合流点付近に位置する。1966年のウスチイリムスクダムおよび水力発電所の建設に伴ってつくられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android