コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスチイリムスク Ust'-Ilimsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスチイリムスク
Ust'-Ilimsk

ロシア中東部,東シベリア南部,イルクーツク州の都市。ブラーツクの北北東約 200km,アンガラ川にのぞむ新興工業都市。ブラーツク水力発電所に次いで,1963年アンガラ川にウスチイリムスク水力発電所 (出力 430万 kW) の建設が始り,これに伴って町がつくられ,73年市となった。コメコン加盟国と協同で建設されたパルプ・製紙コンプレックス (複合体) がある。またブラーツクとともに産業コンプレックスをつくり,発展しつつある。シベリア横断鉄道の支線タイシェト-ウスチクート線から分岐する鉄道が市まで延びている。人口 11万 2200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android