ウスティカ島(読み)ウスティカとう(英語表記)Isola di Ustica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスティカ島
ウスティカとう
Isola di Ustica

イタリア南西部,シチリア島北方の小火山島。シチリア州パレルモ県に属する。最高点 239m。海岸に洞窟が多い。中世にはサラセン人が占領したが,たび重なる海賊の襲撃のため,18世紀まで無人島であった。ブドウ栽培と漁業が中心。面積約 8km2。人口約 1000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスティカ島
うすてぃかとう
Ustica

イタリア南部、シチリア自治州パレルモ県に属し、パレルモ北方67キロメートルのティレニア海上に浮かぶ楕円(だえん)形の島。面積8.09平方キロメートル。島の経済は漁業と農業で支えられ、近年は観光業が盛んになってきているが、所得が低いため出稼ぎも多い。島内の集落地は北東部にあるウスティカ(人口1330。2001国勢調査速報値)のみである。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android