コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスノキ(臼の木) ウスノキVaccinium hirtum var.pubescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスノキ(臼の木)
ウスノキ
Vaccinium hirtum var.pubescens

ツツジ科の落葉低木。関東地方をはじめ各地の山地にみられる。高さ 1mほどでよく分枝し,若枝は緑色。葉はほとんど柄がなくて互生し,先のとがった卵形で長さ2~3cm,やや密につく。春遅く,葉腋から短い花序を出し,淡いピンク色の鐘形花を2~3個下向きにつける。花冠は長さ6~8mmで先端はごく浅く5裂してそり返り,花筒の部分はやや角張る。おしべ 10本,めしべ1本があり,子房も稜があって角張る。果実は長さ 1cm弱の楕円形で赤く熟し,甘酸味のある汁液に富む。果実の先端部がややくぼみ,外周に短い宿存萼が5片あって,この形を石臼にたとえた名という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android