ウッド-バッファロー国立公園(読み)ウッドバッファローこくりつこうえん

世界遺産詳解の解説

ウッドバッファローこくりつこうえん【ウッド-バッファロー国立公園】

1983年に登録された世界遺産(自然遺産)。カナダ北部、アルバータ州北東部とノースウェスト準州の南部にまたがる。面積約4万5000km2で、カナダ最大の広さを持つ。この公園は、シンリンバイソン(アメリカバイソンの亜種)の生息地としては世界最大で、これを保護するために1922年に国立公園に指定された経緯がある。公園名のウッド・バッファローは、このシンリンバイソンの別称である。現在、公園内には推計で6000頭のシンリンバイソンが生息しているといわれているが、絶滅が心配されている。また、同公園には、ピース川とアサバスカ川、スレーブ川によってできた大規模な淡水の三角州がある。この三角州は水鳥の生息地で、公園には、オオカミ、オオヤマネコなどが生息している。◇英名はWood Buffalo National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android