コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヤマネコ

百科事典マイペディアの解説

オオヤマネコ

リンクスとも。食肉目ネコ科の哺乳(ほにゅう)類。体長67〜110cm,尾5〜17cmほど。耳の先に黒い長毛がある。灰赤褐色〜灰褐色地にはっきりしない暗色斑点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヤマネコ
おおやまねこ / 大山猫
lynx
[学]Lynx lynx

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。リンクスともよばれる。ユーラシアと北アメリカの寒帯林に生息し、ときには平原や砂漠でもみられる。体長85~110センチメートル、尾長12~17センチメートル、体重13~18キログラム。体色は黄灰色から赤茶色まで変化があり、黒褐色の斑点(はんてん)がある。耳の先には黒色の長い毛房があり、頬(ほお)には白色の頬ひげがある。単独で生活し、早朝と夕方遅くによく活動。木登りや泳ぎも巧みであるが、地上生で、ウサギ類、若いイノシシ、シカ、ネズミ、鳥などを捕食する。1頭で面積1000~1万ヘクタールの行動圏(ホームレンジ)があり、樹洞、岩の割れ目、草の茂みなどを休息場とする。繁殖期には雌は雄を求めて縄張りを去るが、繁殖期の終わりにはふたたび戻る。2~3月に交尾し、妊娠期間67~74日ののちに1~4子を産む。子は約5か月間乳を飲み、次の交尾期までともに生活する。寿命は飼育下で21年。
 なお、オオヤマネコを1種とする考え方が多いが、ヨーロッパからアジアに分布するものをユーラシアオオヤマネコL. lynx、イベリア半島産をスペインオオヤマネコL. pardina、北アメリカ産をカナダオオヤマネコL. canadensisの3種とする意見もある。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オオヤマネコの関連キーワードベラベジュスカヤ・プッシャ国立公園ペトリファイドフォレスト国立公園ウッドユーラシアオオヤマネコビャウォヴィエジャの森ビャウォビエジャの森スペインオオヤマネコドニャーナ国立公園カナダオオヤマネコイリオモテヤマネコアムネマチン山脈ヤマネコ(山猫)西コーカサス山脈レビストロースデナリ国立公園ヒーウマー島ボブキャット骨角製装飾品ギーラーン州ロシア連邦

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android