ウパバルシャ(英語表記)Upavarṣa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウパバルシャ
Upavarṣa

5世紀頃のインドの哲学者。ベーダーンタ学派の初期の理論家。『ミーマーンサー・スートラ』『ブラフマ・スートラ』『サンカルシャナ編』に簡潔な注をつけた。アートマン自我意識によって直証しうるものであるとし,推論,論証,聖典の権威を否定した。いかなる人にも自我意識は存在するから,意識の成立する基体としてアートマンなるものの存在を容認せざるをえないという。また彼は,語とは個々の音素のことであると説いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android