ウパバルシャ(英語表記)Upavarṣa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

5世紀頃のインドの哲学者。ベーダーンタ学派の初期の理論家。『ミーマーンサースートラ』『ブラフマ・スートラ』『サンカルシャナ編』に簡潔なをつけた。アートマンは自我意識によって直証しうるものであるとし,推論論証聖典権威を否定した。いかなる人にも自我意識は存在するから,意識の成立する基体としてアートマンなるものの存在を容認せざるをえないという。また彼は,語とは個々の音素のことであると説いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android