コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマル・ブン・アビー・ラビーア ‘Umar b.Abī Rabī‘a

世界大百科事典 第2版の解説

ウマル・ブン・アビー・ラビーア【‘Umar b.Abī Rabī‘a】

644‐711か719
ウマイヤ朝アラビア半島ヒジャーズ地方の詩人。メッカの名門クライシュ族の富豪の出。富み栄えるメッカ・メディナの時代を反映し,形成されつつある教養人,知識人の代弁者となり,詩作においても恋愛の機微を盛り込んだ新詩ガゼルの推進者となった。ほとんど砂漠を叙することなく,都市在住の貴婦人や巡礼に集まる女性たちをうたい,懸想文で世人をうならせた。【堀内 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウマル・ブン・アビー・ラビーアの関連キーワードロドリゴロドリゴコンスタンチヌスウマルウマル[1世]ウマルウマル1世正統カリフ藤原鎌足大祚栄