コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウメエダシャク

百科事典マイペディアの解説

ウメエダシャク

鱗翅(りんし)目シャクガ科の1種。開張55mm内外,白地黒帯がある。日本全土,朝鮮,シベリア東部,中国などに分布幼虫ウメサクラなどの木の葉を食べ,成虫は初夏に現れ,昼間飛ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウメエダシャク
うめえだしゃく / 梅枝尺蛾
[学]Cystidia couaggaria

昆虫綱鱗翅(りんし)目シャクガ科に属するガ。はねの開張45ミリメートル内外。はねの地色は黒く、大きな白紋と白帯がある。体は橙(だいだい)色で黒紋がある。触角は単純で先がやや太い。昼飛性で、幼虫の食樹となっているウメそのほかの樹木の付近を初夏に飛ぶ。幼虫は黒色のシャクトリムシで、白線と黄線と橙色の斑紋(はんもん)がある。幼虫態で越冬し、晩春から初夏に老熟し、葉間に糸を吐いて蛹化(ようか)する。成虫は1年に1回出現する。九州以南を除く日本全土および朝鮮半島、中国にも分布する普通種。幼虫の食樹はバラ科、ニシキギ科、エゴノキ科など多くの植物に及んでいるが、とくにウメに多く寄生する。成虫は体液がまずいためか、鳥類やコウモリなどの捕食動物に食べられない。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウメエダシャクの関連キーワードシャクトリムシ井上

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android