ウユニ塩湖(読み)ウユニエンコ

デジタル大辞泉の解説

ウユニ‐えんこ【ウユニ塩湖】

Salar de Uyuni》ボリビア南西部、アルティプラノ高原にある塩湖(塩原)。標高約3700メートルに位置する。面積は1万2000平方キロメートル。塩採掘が行われており、観光地としても知られる。ウユニ塩原

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウユニ塩湖
うゆにえんこ

南アメリカ、ボリビアの南西部、標高約3700メートルの高地に位置する塩湖(塩原)。ウユニ塩原とも表記される。南北およそ100キロメートル、東西およそ250キロメートル、面積およそ1万1000平方キロメートル。四国地方の半分ほどもある広大な塩の平原である。高低差50センチメートルで、世界でもっとも平らな場所とされる。雨季(12月~3月)には冠水して塩原の表面が薄く水で覆われ、巨大な鏡のような状態になるため、「天空の鏡」の別称がある。[佐滝剛弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウユニ塩湖の関連情報