コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジオストク合意 ウラジオストクごういAgreement in Vladivostok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジオストク合意
ウラジオストクごうい
Agreement in Vladivostok

1974年 11月にウラジオストクで開かれたアメリカの G.フォード大統領とソ連の L. I.ブレジネフ共産党書記長との会談の結果まとまった,第2次戦略兵器制限取決めのための大枠に関する合意。その要旨は,(1) 戦略的攻撃兵器の制限に関する新協定には,72年の同暫定協定の関連規定を含めるものとする,(2) 新協定の有効期間は 77年 10月~85年 12月末とする,(3) 新協定では,双方とも合意された総数の戦略的送達飛行体を保有し,また合意された総数の複数個別目標弾頭 MIRV装備の大陸間弾道ミサイル ICBMおよび潜水艦発射弾道ミサイル SLBMを保有する権利をもつ,(4) 新協定には,85年以降の時期において戦略兵器をさらに制限し,できれば削減する問題に関して,遅くとも 80~81年中に交渉を開始することを規定した項目を含むものとする,などであった。 74年 12月,上記 (3) の飛行体 (ICBM,SLBM,爆撃機) の総数を 2400基・機に制限し,そのうち MIRV装備の ICBM,SLBMの総数を 1320基に限定することに合意したことが,フォード大統領より発表された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウラジオストク合意の関連キーワード神代辰巳藤田敏八ポルトガル文学安野光雅寺山修司ゲンシャー小川国夫北川透河野典生コッポラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android