コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲンシャー ゲンシャーGenscher, Hans-Dietrich

1件 の用語解説(ゲンシャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンシャー
Genscher, Hans-Dietrich

[生]1927.3.21. ハレ近郊ライデブルク
[没]2016.3.31. ボン近郊
ドイツの政治家。自由民主党 FDP党首(在任 1974~85),1990年の東西ドイツ統一をまたぎ外務大臣(在任 1974~92)を務めた。第2次世界大戦ドイツ軍に徴兵され,大戦の末期に一時捕虜となった。解放後,ドイツ民主共和国東ドイツ)に居を定め,ハレ大学ライプチヒ大学で法律と経済学を修業,1949年法律家として活動を始めた。1952年東ドイツからドイツ連邦共和国西ドイツ)のブレーメンへ亡命,まもなく FDPに入党。1954年弁護士開業。1965年,FDPから連邦議会議員に当選。1968年に FDP副党首,1969年にブラント内閣の内務大臣に就任。1974年5月シュミット内閣で副首相兼外務大臣となった。1974年10月から 1985年2月まで FDP党首を務め,この間 1982年に FDPはドイツ社会民主党 SPDとの連立からキリスト教民主・社会同盟 CDUCSUとの連立に鞍替えした(→キリスト教民主同盟)。1982年10月第1次コール内閣の外務大臣に就任。ソビエト連邦や東側諸国との関係改善を強く支持し,ソ連のミハエル・ゴルバチョフ大統領就任後はデタントの好機をとらえることを主張,新東方政策を推進した(→東方政策)。1989~90年には東西ドイツ統一に尽力,統一後の新たなコール内閣で初の外務大臣となった。その外交姿勢はゲンシャリズムと呼ばれた。1992年5月,副首相と外務大臣を辞任。1998年政界を引退。引退後は法律のコンサルタントや国際交渉に従事した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲンシャーの関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲンシャーの関連情報