コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウワディスワフ2世ヤギェウォ ウワディスワフにせいヤギェウォWładysław II Jagiełło

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウワディスワフ2世ヤギェウォ
ウワディスワフにせいヤギェウォ
Władysław II Jagiełło

[生]1351
[没]1434.6.1. グルデクヤギェロンスキ
ポーランド王 (在位 1386~1434) 。ヤギェウォ朝の開祖。リトアニア (リトワ) 大公アルギルダスの子。リトアニア名ヨガイラ。父の死後公位争いに勝利を得て,リトアニア大公 (在位 1377~1401) となる。強力な支配者を欲したポーランド貴族からキリスト教入信を条件に王位を提供され,クレウォの協定 (1386) を結んで,女王ヤドウィガと結婚,ウワディスワフ2世を名のった。 1399年ヤドウィガが死去し,1401年いとこビタウタスにリトアニア大公位を譲ったのち,初めてポーランドの統治者として手腕を発揮した。外交においては,10年ビタウタスと結んでグルンワルト (タンネンベルク) の戦いでドイツ騎士団を撃破,13年リトアニアとホロドレ協定を結び,両国統一の基礎をつくった。またタタール人の進出を阻止し,ハンガリーに対抗してルテニア,モルドバに影響力を行使した。内政においてはリトアニアのキリスト教化を推進するとともに,フス教徒のポーランドにおける布教を禁止した。またクラクフ学院 (のちの大学) を復活 (1400) 。晩年嗣子の王位継承権を確保するため貴族に多くの特権を譲歩した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウワディスワフ2世ヤギェウォの関連キーワードカジミエシ4世ヤギェロンチクリトアニア史ゲディミナスポーランド史

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android