コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンゼンツツジ(雲仙躑躅) ウンゼンツツジRhododendron serpyllifolium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンゼンツツジ(雲仙躑躅)
ウンゼンツツジ
Rhododendron serpyllifolium

ツツジ科の常緑小低木。伊豆半島紀伊半島,四国,九州山地の崖に自生し,また,観賞用として庭に植えられる。高さ1~2mで,枝は細く分枝が多い。葉は短柄で互生し,多くは枝先に集ってつく。4~5月,枝先に1花をつける。花柄は褐色毛を密生し,花冠は径 12~16mm,白色または淡紅紫色の漏斗状で5深裂し上部に斑点がある。5本のおしべ花柱は長く,花冠の外に突出する。果実は長卵形で褐色毛を密布する。由来になる九州の雲仙岳には自生しないが,この名は古くから用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android