ウンドゥルハーン(英語表記)Öndörhaan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンドゥルハーン
Öndörhaan

モンゴル北東部,ヘンティー州の州都。ウラーンバートル東方 340km,東部モンゴル高原のヘルレン川沿いの標高 1027mにある。 1921年の革命まではセツェン・ハン部の中心地であった。モンゴル東部の自動車交通の中心で,ウラーンバートル,チョイバルサン,バローンオルトおよびロシアのチタと自動車道が通じ,ウラーンバートルとは航空路でも結ばれている。人口約1万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンドゥルハーン
うんどぅるはーん
ndrhaan

モンゴル東部のヘンティ県の県都。ケルレン川北岸に位置する。人口1万5400(2003推計)。1826年以後セツェンハーンの王府が置かれ、当時の建造物が今日も残っている。ヘンティ県の政治、経済、文化の中心地で、建築資材、食品その他の工場がある。モンゴル東部やシベリアのチタに通じる自動車交通の要衝である。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android