コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンドゥルハーン ウンドゥルハーン Öndörhaan

2件 の用語解説(ウンドゥルハーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンドゥルハーン
ウンドゥルハーン
Öndörhaan

モンゴル北東部,ヘンティー州の州都。ウラーンバートル東方 340km,東部モンゴル高原ヘルレン川沿いの標高 1027mにある。 1921年の革命まではセツェン・ハン部の中心地であった。モンゴル東部の自動車交通の中心で,ウラーンバートル,チョイバルサンバローンオルトおよびロシアのチタと自動車道が通じ,ウラーンバートルとは航空路でも結ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンドゥルハーン
うんどぅるはーん
ndrhaan

モンゴル東部のヘンティ県の県都。ケルレン川北岸に位置する。人口1万5400(2003推計)。1826年以後セツェンハーンの王府が置かれ、当時の建造物が今日も残っている。ヘンティ県の政治、経済、文化の中心地で、建築資材、食品その他の工場がある。モンゴル東部やシベリアのチタに通じる自動車交通の要衝である。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウンドゥルハーンの関連キーワードオノン川テレジナベリーズシティー蒙古レモンティーДадалクサンティーナキリン 午後の紅茶 レモンティーオノン[川]ヘンテイ[山脈]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone