ウンブリア州(読み)ウンブリア(英語表記)Umbria

翻訳|Umbria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンブリア〔州〕
ウンブリア
Umbria

イタリア中部の州。ペルジャ県とテルニ県で構成される。州都ペルジャ。中心はテベレ川の上流および中流域にあり,西は低い丘陵,東はアペニン山脈に限られる。この地域は広い盆地で,湖成層やウンブリアの谷やテベレの谷のような河谷から成り,「緑のウンブリア」と呼ばれる有名な牧草地が広がる。古代ウンブリア人の居住地。6世紀ランゴバルド人に侵略され,スポレト領となり,さらに教皇領となったが,1860年サルジニア王国のピエモンテ軍に占領された。土地利用は集約的で,コムギ,トウモロコシ,ジャガイモ,テンサイ,ブドウ,オリーブを栽培。オルビエトのワインは有名。製鋼,化学,電気化学工業 (テルニ,ナルニ,フォリニョ) が盛んで,テルニの水力発電が動力源。ペルジャの織物,食品工業も重要。ローマ-フィレンツェ間の鉄道は州の西部を通っている。高速道路やバス交通も発達。ローマ時代と中世初期の建造物も多く,アッシジや,オルビエトの聖堂など中世のゴシック建築が残る。面積 8456km2。人口 82万 2972 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウンブリア州の関連情報